お風呂リフォーム

■お風呂場のリフォームは約15年毎が目安です

とくに在来工法の浴室は、表面上は不備が見当たらなくても、内部は防水加工が切れて土台が腐食している……ということがしばしばあります。
傷みのある劣化箇所の修繕はもちろん、新しい機能やデザイン面、安全性を考えたリフォームを行うことで、日々のバスタイムがより充実することでしょう。

「毎日のお風呂掃除が大変」
「足をしっかり伸ばして入浴したい」
「冬場の寒い脱衣所・お風呂場が嫌だ」
「浴室や浴槽に不備がある」
「滑りやすくて転倒した経験がある」 など

お風呂場にはそんなお悩みがつきもの。
ここは今一度お風呂場の環境を見直し、「悩みを解消できる機能は何か」「家庭に必要な機能は何なのか」を考えてみましょう。

 

■お風呂リフォームで押さえておきたい3つのポイント

1. 転倒事故防止

老若男女問わず、転倒事故が多いお風呂場は、安全性に富んだものであるのがベスト。
手すりの設置や滑りにくい床材にしておくことで、ご家族全員が安全にバスタイムを満喫できる空間にしておきましょう。
もちろん「手すりの設置のみ」といったリフォーム工事も承っております。


 

2. 身体への負担を減らす

「ヒートショック現象」はご存知でしょうか。
これは暖かい場所から寒い場所へ移動した際に、体内の血圧に急激な負荷がかかる状態をいいます。
これは冬場のバスルームでも多い事故のひとつ。
浴室暖房機を取り付けることで、身体への負担を軽減するといった対策が必要です。


 

3. 掃除がより快適になるように

最新のバスルームはお掃除を快適にしてくれる機能も盛りだくさん。
シャワーを流すだけで水垢が綺麗になる浴槽、溜まった髪の毛を一度に取り除くことのできる排水溝など、お風呂場の掃除は「手間をかけずにできる掃除」へと変わりつつあります。

【事務所】052-887-9424
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【受付時間】8:00~20:00(日曜定休)
【対応エリア】港区を中心に愛知県全域(※その他エリアもお気軽にお問い合わせください)

一覧ページに戻る